CRUP5174.JPG

ぞうとかに

グループメンバーは、これまで様々な年齢や立場の方とワークショップをしてきました。舞踏を基本とした独自のメソッドで、感覚、呼吸、内面など、ダンスの技術とは異なり誰もが創作できる方法から、個々の自発性と創造力を活かしながら、存在することで立ち上がる踊りのサポートをします。

​★学校・施設・団体、個人問わず、踊りのワークショップのご依頼お待ちしております。

​主催・企画:コンテンポラリー田楽

 

​ワークショップ実施例

20200621195208d4b.jpg
BUPU3385.JPG
1.png

城崎とことこダンサーズ
オンラインワークショップ

2020年5月より月1×4回

城崎とことこダンサーズ
ワークショップ&発表公演
@ダンストークスタジオにて

2020年12月5日、6日

秋田舞踏ビレッジ2020にて

​舞踏ワークショップ&

公演作品発表

2020年3月5日

 
IMG_1150.jpg
IMG_1854.jpg
minamiazu5.jpg

「市民劇・桃園川河童の手」アフターイベント~
舞踏ワークショップ~

2018年3月17日

Case Western Reserve University Art Studioにて

バレエダンサー・キャサリン氏へのプライベートワークショップ

2019年8月

元気なアートコラボラボ2011 桜川芸術祭vol.2ねぇ、なんで星を見上げるの? ~障害者とアート 星座のきずな~

臼井由香利さんとのワークショップ発表公演『花神の舞』
2012年1月

 

こんなワークショップ&公演ができます!

​私たちは参加者の年齢・立場・地域を問わず、幅広い活動をすることが可能です。

◇オンラインWS

Zoomを使い、遠方でも気軽に参加できます。(海外でもOK!)

◇ビデオレターWS

​参加される方のためにワークショップのオリジナルビデオレターを作成します。

◇プライベートWS

​​お一人様からでもワークショップが可能です。

◇グループWS

​学校・団体・企業など、グループでのご依頼も大歓迎です!

◇ソロ&グループ公演

振付・演出・企画

 
IMG_0542.jpg

「ぞうとかに」について

ダンス講師:南 阿豆、辻たくや

「ぞう」と「かに」のように、普段相容れないような存在でも、瞬間を共に謳歌し、生きていく、というコンセプト。

南 阿豆:武蔵野美術大学造形学科卒。2011年桜川芸術祭、障がい者とアートに 2 年連続参加。独自の体験をもとにソロ作品『Scar Tissue(傷跡)Ⅰ』『Scar TissueⅡ』にて 2012年舞踊批評家協会新人賞を受賞。2017 年フランス、ランコントルコレオグラフィー招聘。2018年コミニティダンス ファシリテーター育成講座 応用コース卒業。2019年福岡フリンジフェスティバル参加。2020年、秋田 Butoh Village Winter 参加。2021年、ソロ作品Scar Tissueプロジェクト 5作目『CURE A or B』発表。NDA International Festival2022参加予定。

AzuMinami dance - AzuMinami dance (jimdofree.com)

辻たくや:舞踏家、俳優。江戸川大学社会学部卒業。身体論専攻。在学中に出会った演劇メソッド(竹内レッスン)をきっかけに演劇活動を開始。以後、東京で数々の演劇公演や、演劇的手法を取り入れたダンスシアターに出演。2011年東北大震災、原発事故以降、身体性を強く意識するようになった時に天狼聖堂主宰の舞踏家・大森政秀に出会い舞踏を始め、以後メンバーとして全ての作品に参加。2012年より「起こっていることに生きている」をテーマにソロ活動開始。劇場だけでなく、カフェやバー、画廊で踊ったり、音楽家や哲学者とのコラボ公演、最近では市民劇にも振付家として参加し、活動の幅を広げている。

Butoh Tsuji Takuya 舞踏 辻たくや (wixsite.com)

 

お問い合わせ

送信が完了しました。